20年前のパソコン


私が初めて買ったパソコン、SOTEC E-ONE。

iMacのパクリとして、一世を風靡したモデル。

破格の安さだった気がする。

当時、家庭用パソコンの中では、比較的容量の大きい13GBのストレージを備えていた。


物置の奥で眠っていたこやつを、ひっぱりだし、久しぶりに電源投入してみた。

ポチッとな…


バチバチッ!


うおー!どうしたぁぁ!?

慌てて電源プラグを抜く。

内部から恐ろしい音が聞こえたぞ。

ショートした?


しばらく放置し、再び電源投入。


バチバチバーン!!


先ほどより盛大になった。

ソッコー、電源プラグを抜く。

こりゃ起動は不可能だな。


しかし、ここで見かけたのも何かの縁。

なんとかして、20年前のデータを見てみたい。

ということで、データ救出作戦を実行する。


まずは、ネットでハードディスクの格納場所を調べてみたが、20年も前のパソコンであるためか、情報が乏しい。


何件かのサイトを確認してみたところ、どうやら底面に格納されているとのこと。






パソコンをひっくり返す。

とりあえず、底面のふたを取ってみよう。

ドキドキ。






内部は、タバコのヤニがびっしり…

よくまあ、動いていたこと。


中央のボックス内に格納されているのかな?






ボックスに接続されているコード類を片っ端から外していく。






ボックスの下からはアクセスできなそうにないので、ひっくり返す。

上にあるのが、FDドライブ。その下がCDドライブ。HDDはさらに下にあるらしい。






最下層にHDDを発見!

衝撃を与えないように、慎重に取り出す。






よっしゃ取れた。






データの吸い上げには、これを使う。

電源ケーブルとIDEをUSBに変換するケーブルがセットになっている。






特別なソフトは不要で、こいつをパソコンに接続すると、外部ストレージとして認識されるらしい。






無事、外部ストレージとして認識された。

コピー開始。

USB2.0のため、転送速度は遅い。30分ほどかかった。


いやー、20年前のデータを見ているとおもしろい。

忘れてた写真や動画がわんさか。

まだ我が家には、起動しないパソコンとNASがあるので、こいつで救出してみよう!





雪灯篭


雪里に現れた無数の灯篭。

LEDとは違う、情緒ある灯。


いいね〜




2019年初乗り


冬はなかなか乗る機会がなくて、3月に入ってようやく今年の初乗り。

近場をぷら〜と流した。


やっぱりバイクはいいね!

生き返る。


平成最後の年。

楽しいことがあるといいなー。

今年も頼むよ!相棒!

GoPro Hero7 Black購入


人気のウェアラブルカメラ、「GoPro Hero7 Black」を衝動買いしてしまった。


以前から、ウェアラブルカメラが欲しいなーと考えていたが、名の通ったメーカーのものはどれも高く、購入まで踏み切れなかった。


しかし、ひょんなことから安く購入できることが分かったので、思い切って購入に踏み切った。



巷でジンバルいらずと噂される、手ぶれ補正「HyperSmooth」の実力を試してみよう。






一緒に買った手持ち用「Shorty」と



「サクションマウントカップ」に取り付けて撮影した。


手ぶれ補正は、まさに期待通り。

いや、期待以上だった。

こいつはすごい。

走ったり、細かな振動を与えても、不快な画にはならない。


アクセサリーを付けずに、カメラ本体を手でわしづかみにして撮ってみたが、恐ろしいほどに安定している。

ジンバル並みとは思わないが、これで十分だ。


音については、ややこもり気味かな?

先代機よりは改善されたらしいが。

まあ、ウェアラブルカメラの録音機能なんてこんなもんでしょう。


色合いについては、やや不自然な部分も感じられたが、設定をいじくればなんとかなるだろう。



さて、春に向けてツーリング動画の準備をしよう!






悪魔くん、もうじき7歳



悪魔くん、もうじき7歳。

細かいトラブルはあるが、すこぶる元気。


先日、2代目の悪魔くんが発表された。

ついに、わが悪魔くんも型遅れか…







走行距離は35,000キロを突破し、維持費は年々増してきているが、それに比例して愛着も増してくるから不思議だ。


来年はどこ行こうかな〜♪










/body>